HOME>注目記事>契約内容を確認して家づくりを進めていきましょう

どの会社を選ぶのかが重要

住宅模型とお金

奈良では知名度の高いハウスメーカーや地元密着型の工務店に依頼できます。大手メーカーは広告や住宅展示場の費用にコストをかけています。費用が上乗せされるので費用はこちらのほうが高いでしょう。大手メーカーはマニュアル化が進んでいるので工期に関しては短期間で完了します。ある程度の制約はありますが短期間で注文住宅がほしいなら大手メーカーを選ぶことになるでしょう。どちらの方法であっても選ぶときは複数の住宅会社から相見積もりを取るのが先決です。住宅の見積もりを依頼するのは一生に一度が多く、判断しづらいです。見積もりを取らないとはっきりした金額はわかりません。複数の見積もりを取ることで違いが分かりやすくなるでしょう。見積もりは全く同じ条件でなくてもかまいません。必須の条件に加えてプランニングしてもらうと、住宅会社の特徴が顕著に出ます。

本契約の前に仮契約を行います

注文住宅を依頼する会社が決まったら事前に申し込む仮契約を行います。これは本契約である工事請負契約とは別で奈良のハウスメーカーや工務店が独自に行います。仮契約の内容は申込金・見積もりの内訳・プランの作成があります。仮契約であっても法的な意味を含めばサインや印鑑で承諾することが出てきます。法的な必要性はないので、申込金を支払う義務は発生しません。しかし、住宅会社によっては申込金を支払うケースもあります。見積書や間取りの作成は手間のかかる作業でコストが発生するためです。申込金は5~10万円が平均的な相場です。

仮契約が終わったら本契約に移ります

工事の着工日と完了日、引き渡しについての具体的な日付が決まります。完了日が起きると問題が起きかねないのであらかじめ日付を決めておく必要があります。特に子供の入学や物件の売却などが関わっていれば遅延損害金を請求する可能性も出てきます。奈良の注文住宅では建築費用の支払いを数回に分けて行います。契約時・着工時・棟上時・引渡時の4回が一般的です。住宅ローンの融資以外の3回分はつなぎ融資を利用することになります。引き渡しが遅れた場合を想定して違約金は事前に明確にしておきましょう。違約金を決めずに遅れてしまった場合、交渉が難航したり支払いまでに時間がかかるケースが出てきたりします。

広告募集中